交通事故被害の相談窓口・福岡交通事故相談ダイヤル

  • ホーム
  • 弁護士一覧
  • 運営組織
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
ホーム > Q&A > 請求できる損害の内容や基準について > 過失相殺とはどのような制度ですか?

交通事故Q&A

請求できる損害の内容や基準について

Q

過失相殺とはどのような制度ですか?

過失相殺とは、交通事故の被害者の方にも過失がある場合に、被害者の方の過失も考慮して賠償額を定める制度です。具体的には、実際の事故態様毎に加害者、被害者の過失の割合を例えば9対1や8対2などと定め、被害者の方は、自分の損害については自分の過失割合分だけ減額され、さらに加害者にも損害が生じている場合は自分の過失割合に応じて賠償する義務が生じます。

過失相殺において、過失割合をどのようにして決めるかについては、過去の裁判例などをもとに事故の態様を類型化して事故態様毎に過失割合が決められます。

交通事故においては、事故態様について事故当事者の言い分が食い違う場合もあり、このような場合には法的知識のないまま交渉するのは危険であり弁護士に相談されることをお勧めします。


一覧に戻る