交通事故被害の相談窓口・福岡交通事故相談ダイヤル

  • ホーム
  • 弁護士一覧
  • 運営組織
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
ホーム > Q&A > 交通事故と裁判(民事事件) > 損害賠償について、1度示談をすると、訴訟(請求)はできないのですか?

交通事故Q&A

交通事故と裁判(民事事件)

Q

損害賠償について、1度示談をすると、訴訟(請求)はできないのですか?

原則としてできませんが、ごく例外的に認められる場合もあります。 示談はお互いが話し合って決めた契約ですので、よほどの事情がない限り覆すことができません。 そして、「示談書(免責証書)」には、通常、「これ以上の請求はしません(請求の放棄)。」や「債権債務のないことを相互に確認する」という文言が通常記載されており、したがって、示談した以上は、示談金額以上の金銭を求めることは困難です。 しかし、例えば、示談の段階において予期できなかった再手術や後遺症が発生した場合で、それに伴い増加した損害額と示談額との間に大差があるときには、ごく例外的に追加請求が認められる場合もあります。 このように「示談書(免責証書)」にサインをする際には、内容を十分に確認する必要があるのです。

一覧に戻る