交通事故被害の相談窓口・福岡交通事故相談ダイヤル

  • ホーム
  • 弁護士一覧
  • 運営組織
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
ホーム > Q&A > 交通事故で後遺症が残る場合 > 後遺障害(後遺症)が残った場合どのような請求ができますか?

交通事故Q&A

交通事故で後遺症が残る場合

Q

後遺障害(後遺症)が残った場合どのような請求ができますか?

事故にあって怪我をした場合、その後治療を継続してきたものの、症状が完治しないまま、それ以上はいくら治療しても改善が期待できなくなってしまうこともあります。 このように、治療を継続してもそれ以上の改善が期待できない状態のことを「症状固定」といい、残存した障害のことを、後遺障害(後遺症)といいます。 損害賠償の実務においては、このような後遺障害(後遺症)を負った被害者については、「後遺障害(後遺症)による逸失利益」と「後遺障害(後遺症)による慰謝料」の賠償が認められています。


一覧に戻る