交通事故被害の相談窓口・福岡交通事故相談ダイヤル

  • ホーム
  • 弁護士一覧
  • 運営組織
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
ホーム > 事例紹介 > > 腰椎圧迫骨折により,脊柱変形が残存した事案で2250万円を獲得した事案t-014

腰椎圧迫骨折により,脊柱変形が残存した事案で2250万円を獲得した事案t-014

被害者 40代,男性,会社員
事故態様 被害者(自動車)
加害者(自動二輪車)
被害者が直進していたところ,対向車線から右折してきた自動車に衝突した。
受傷部位 脊髄、脊柱
後遺障害等級 併合8級
症状等 被害者は腰椎圧迫骨折の傷害を負い,約1か月の入院及び約7か月の通院治療を行った。
腰椎圧迫骨折の結果,腰椎変形,腰背部痛が残存した。
経過等 被害者は腰椎圧迫骨折の重傷を負い,併合8級の事前認定後,保険会社からの示談の提示が妥当か相談に来られました。
提案の書面を確認したところ,保険会社からの提示額は自賠責保険の基準でしたので,私がご依頼を受けて,保険会社と交渉を行いました。
交渉の結果,一定程度の増額を勝ち取りましたが,後遺障害等級を前提とする労働能力喪失率を認めさせることまではできませんでした。
裁判も検討しましたが,被害者の方が早期解決を希望されたことから,示談をすることになりました。
被害者の方は弁護士に依頼した結果,1300万円以上も増額したことに満足していらっしゃいました。
獲得金額(万円) 2250万円
ご依頼前の保険会社
提示額(万円)
880万円
ご依頼後の
増加額(万円)
1370万円
解決方法 示談

一覧に戻る