交通事故被害の相談窓口・福岡交通事故相談ダイヤル

  • ホーム
  • 弁護士一覧
  • 運営組織
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
ホーム > 事例紹介 >

足の解決事例

交通事故の示談の場合、以下の通り保険会社は、大変廉価な金額で和解を求めてきます。
そのまま、泣き寝入りしてしまうケースが多いのが現状です。
しかし、自分の人生が変わってしまうのですから、泣き寝入りするのではなく、正当な主張が必要です。
※以下の通り、被害者の状況により、提示額と示談額の程度は異なります。参考までにご覧下さい。


掲載日 事案概要 受傷部位 後遺障
害等級
獲得金額
(万円)
ご依頼前の
保険会社
提示額
(万円)
ご依頼後の
増加額
(万円)
解決方法
2016.04.19 左頸骨近位端骨挫傷、左膝関節捻挫、左下腿打撲等で、訴訟により1500万円を獲得した事案。x-015 12級7号 1500万円 約635万円 約865万円 訴訟
2016.03.24 信号機のない十字路交差点において原動機付自転車と車両とが衝突した事故において,将来の逸失利益等の額を争った事案 y-016 併合12級 1324万円 訴訟
2016.03.24 右足関節の可動域制限、疼痛等の後遺障害が残った事案につき、訴訟により、約370万円を増額できた事案 k-013 12級 687万円 317万円 370万円 訴訟
2016.03.22 右膝骨折後の著しい疼痛について被害者請求により12級13号認定の上、示談で621万円を獲得した事案 s-016 12級13号 621万円 なし 示談
2016.02.17 左足骨折後の関節機能障害、著しい疼痛について人身傷害保険での対応案件について自賠責保険の認定への異議申立が認められ当初提示額の約2倍の4690万円を獲得した事案 s-015 7級4号 4690万円 2100万円 2590万円 示談
2016.02.12 右下腿開放骨折等により,右下肢を切断した事案で訴訟により8389万円を獲得した事案 t-001 併合4級 8389万円 なし 訴訟
2016.01.19 異議申立てにより後遺障害等級が12級から10級に変更され、訴訟により合計1300万円を超える金額を獲得した事案。 10級 1300万円 なし 訴訟
2016.01.18 三叉路交差点にて原付バイクを運転中の被害者が無保険の自動車にはねられ,骨盤骨折,左下腿開放骨折等の傷害を負った事案にて,被害者加入の保険会社に対して,無保険者特約に基づく保険金の支払いを請求し,(自賠責819万円に加えて)5300万円の和解金を獲得した事案 y-009 併合8級。 6119万円 なし 訴訟
2015.11.27 右足関節骨折後の12級13号認定の疼痛が残存した会社員男性について受任前の435万円の提示が示談交渉により1030万円を獲得し595万円増額した事案 s-009 12級13号 1030万円 435万円 595万円 示談
2015.11.19 右脛骨骨折により,右足関節に機能障害が残存した事案で,示談により1924万円を獲得した事案 t-011 12級7号 1924万円 なし 示談